XBS-08・BT-Phone01で電話帳を同期する

昨日なぜだかわからないと〆たばかりだけど、言葉にしてみると無駄にやる気がでるもので・・・
BT-Phone01でgalaxy tabと電話帳の同期ができたので記録

結論

  • 同期できる件数に制限がある「20n+1(n>0)」
  • 同期する直前にgalaxy tabを再起動する
  • 電話帳で名前を変更する場合、XBS-08・BT-Phone01側の登録データをすべて削除してから同期する

特別な条件があるとか言われると調べたくなってしまうもので、そうは言っても先人の知恵を使わない手もないわけで
「BT-Phone01 galaxy tab 電話帳」+1ヶ月以内オプション
さすがGoogle先生。以下、記事が参考になりました

上の記事は読み物として面白かっただけ。同期したあとに問題に出くわしたら参考になると思う
ブレイクスルーは下の記事。「21件登録したら同期できました

とりあえず同期を試してみたときの自分は、ちょっと電話帳登録したところで試してみたら同期に失敗
問題が発生したら、問題の切り分けが大事だよねということで「データに問題あるのかなぁ。1件でやってみよう」失敗。「2バイト文字使ってないけど空白もだめかなぁ」失敗。「まさかデータなしじゃ成功しないよね(失敗以外の反応あるかも)」失敗。
これで昨日まで

21件登録したら同期できました」が衝撃過ぎて俄然やる気が沸いてきた

ちょっと補足
XBS-08はBT-Phone01の海外(英語)版。正確にはBT-Phone01が待望の日本語対応版。さらに同型でBR950S(中国語)というのもある
動作に差はないと思うけど、ほとんどのテストはXBS-08でやった

さっそく、電話番号のみ00001~00021の21件を登録して同期を実行!

失敗

やる気がでてたのでいろいろ試す

電話帳のインポート・エクスポート(SDカード)を試す

電話帳の登録先を変える。4つ(docomo 本体 Androidに割りついているGoogleアカウント なんとなく作ったGoogleアカウント)

Googleアカウントの同期を試す

WifiとかGPSとかON/OFFしてみる

困ったときは再起動だよね。galaxy tabもXBS-08も一緒に電源を落として、また入れる

同期できた!
やる気は出ていたもののここからのフラグ探しが面倒だった。galaxy tabの電源の入れなおしが意外とめんどくさい。めんどくさいというよりも電源ボタン長押し・電源OFFまでONまでの時間がわずらわしかった。再起動機能とかあればいいのにと思った

結局のところ電話帳を編集したあとにgalaxy tabの電源を入れなおせばOKということがわかった。

憶測になるが、電話帳のデータはHDDに保存してあるものの、起動時にメモリ上に読み込んですべての操作はメモリ上のデータに対して行われてるのではないだろうか。そして、XBS-08側は同期はHDDのデータに対して行う。だから、galaxy tabで電話帳に登録しただけの状態では同期に失敗する。
そこで、galaxy tabの電源を切ることによって、電話帳の終了処理として、メモリの内容をHDDに保存する

試行錯誤の中で、いったん同期できたあとに電話帳のデータをすべて削除しても、galaxy tabの電源を入れなおすまではXBS-08からの同期ができてしまうというのもあった

並行して、XBS-08側
同期できたかの確認をするのにてこずった
21件だけ登録される。同じ電話番号の登録は1件のみ。このため、同期に成功していた場合でも、以前のデータとの差がわからないのだ
登録件数を増減させると、20件の場合は失敗。22件の場合は21件まで読み込み。失敗は失敗としても、22件、23件、24件・・・と件数を増やす操作ではXBS-08側の動きはすべて同じで、galaxy tabでのデータの作り方になにか操作が必要なのかとも思う
電話帳側で名前を変えてみると、XBS-08側は追加のデータと判断するようで、同じ電話番号の登録は1件のみとしてはじかれてしまう。同期中のメッセージでは正しく名前を読み込んだように見えるものの、結果としては以前の登録から変わらないので同期が成功したか判断できなかった

その他考察

galaxy tabの電源を入れなおすのはめんどくさい。その他電話帳アプリはどうやってるんだろう。Android APIに電話帳を弄るのがあるから問題ないのかな。根幹部分のシステムを再起動かけられればいいんだけどタスクキラー系でいけるのだろうか。強制終了扱いでデータが保存されないとかだと本末転倒。
まぁ、同期作業なんかそんなにするものじゃないし、誰かがうまいことやってくれるのを期待する

XBS-08で同期する際のテスト登録数

  • ~20→失敗
  • 21→21
  • 22→21
  • 23→21
  • 24→21
  • 31→21
  • 38→21
  • 40→21
  • 41→41
  • 42→41
  • 43→41

試したのはこれだけなので「20n+1(n>0)」が正しいとは言い切れない。「n<50」だいう突っ込みはしてもいいけど本筋じゃない。
あと、galaxy tab側で電話番号だけ変えて同期すると、新しい電話番号として同じ名前のものが登録される。XBS-08側の登録が22件だったりとかgalaxy tab側より登録数が多いとか。これ、同期って言わないと思う
それから、同期で読み込む順番は電話帳に登録した順番だと思われる。取り込んだらぐちゃぐちゃになるのはちょっと違うと思う

人によっては、電話帳移行ツール→アドレスたくさん→同期成功→順番ばらばら+検索無理→切捨てに気づかない→同期できた!
なんじゃないだろうか

なにやら目に浮かぶ
for( i = 0 ; i < 電話帳.count / 20 ; i++){}
マニュアル見直したら、iPhoneで24件以下だとループするとかあるし、相当スパゲティなんだろう

「20n+1(n>0)」が間違ってなければ最大で19件は漏れるし、1000件は登録できないし、「BT-Phone01は詐欺」発言を撤回できない

同期しようと思ったら、1000件は登録することがないとしても、同期前にダミーを19件登録して回避するとかか・・・

カテゴリー: 未分類   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>